HOME > コラム > 年代別アトピーの原因と治療法~赤ちゃん・乳幼児編~ > 生後3か月からの離乳準備は厳禁【保健師はあげたい気持ちがわからない】

生後3か月からの離乳準備は厳禁【保健師はあげたい気持ちがわからない】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもたちがまだ小さくて、アトピーに悩んでいたころ、夫と二人で喫茶店に行きました。
おそらく、子どもたちは小学校や保育園に行っていて、たまたま夫が休みだったのではないかと思います。

隣の席に、赤ちゃんを連れたおばあさんとお母さんらしき人の3人がやってきました。
赤ちゃんはようやく腰が据わったかなという感じの小さい子でした。

アイスクリームがうらやましい

最初にアイスクリームがお皿に乗って登場し、お母さんはおばあさんに赤ちゃんを預けて少し席を外しました。おばあさんは赤ちゃんをあやしていたかと思うと、アイスをスプーンに取り、赤ちゃんの口に入れ始めました。その姿に私はぎょっとしましたが、赤ちゃんは喜んでいるし、おばあさんは「食べたわ~」と上機嫌です。

これが私なら怒り狂って机をひっくりかえし、赤ちゃんをひっつかんで病院へ急行するところですが、ノーマルの赤ちゃんは平気なようです。戻ってきたお母さんは「あれ?食べさせてくれたの?」とニコニコしていて、「よかったね~」と赤ちゃんに話しかけていました。

何気ない風景がアトピーの場合、かなわない、一大事になることを考えると、とても気が重くなり、早々に席を立ちました。

こんな時は保健師の言葉がよみがえる

at1025 (7)
消化能力が上がる生後6か月になるまでは何も食べさせるつもりはありませんといったところ、「あなたはそのつもりでいいかもしれないけれど、その後どんな障害が出るかわからないってことわかってやっているんでしょうね、ならいいわ!」と吐き捨てるように忌々しそうに告げた保健師の顔が今も思い出せます。

親というものは子供にいろいろ食べさせたい生き物だと思います。
アイスクリームを食べさせてあんなにうれしそうにしてくれたら、どんなにいいでしょうか。

今も三男はほとんどバニラアイスを食べることはありません。
今現在私がスプーンを差し出しても拒否するだろうなとふと思いました。

アトピーやアレルギーを悪くしないためには我慢

実際に痒くなったり肌が荒れて苦しむのは子どもの方なので、「食べさせることをさせてもらえない」ことを嘆くのはお門違いだと思います。とはいえ、親としてつらいことです。でも、子どもの体の事を考えるのであれば、譲ってはいけないと思います

周りの人が「こんなに食べるのよ~」と話しているのを聞くのがとてもつらい時期でした。
ただでさえつらいのに、追い打ちをかけるような栄養指導こそが百害あって一利なしです。

離乳開始直後食べられなかったものも、大きくなるにつれて少しずつ食べられるようになってきます。つらいことがたくさんあるかもしれませんが、アトピーの子もゆっくりとでも成長していくので、気長に取り組んでくれたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • アレルライトハイパー

    • 日清食品グループ独自の研究成果で内側からケア
    • たった2粒に5,000億個の自然由来の乳酸菌配合
    • 季節や環境による不快な調子を爽快に!
    • 皮膚や粘膜の健康維持を助けるビオチン配合
    • 飲みやすい小粒で1日分わずか1.57kcal
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    リフレクト乳酸菌(T-21株)ビオチン

    詳細はこちら

  • アレルファイン・ゼロ

    • すこやか肌対策サプリメント人気No.1
    • 医師の95.8%が飲み続けたいと答えたサプリ
    • 試験済みサプリメント!公的機関で効果を実証済み
    • 皮膚科医・内科医・小児科医のコラボにより誕生
    • 初回のみ送料500円(税抜)のみ
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    乳酸菌K-2カプセルセラミド、ヒアルロン酸

    詳細はこちら

  • アレルナイトプラス

    • メディアで話題の乳酸菌配合美容サプリメント
    • 1本で植物性バチルス乳酸菌100mg含有(1,000億個)
    • キレイを育てる美容成分を15種類配合
    • 専門家と共同開発!安全性&信頼性重視の成分のみ
    • グレープフルーツ味で飲みやすい!
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    植物性バチルス乳酸菌顆粒ビオチン、ビタミンB群、ハーブ他

    詳細はこちら

関連記事