HOME > コラム > おすすめケア > アトピーの正しい保湿ケア

アトピーの正しい保湿ケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトピー肌は刺激を受けやすいデリケートな状態であり、保湿は重要視しながら、優しいケアを心がける必要があります。

忙しいからといって、皮膚をこするようなスキンケアは、絶対に避けなければなりません

肌に優しい成分を、丁寧に使うのが大切です。

アトピー肌はとてもデリケート

人の肌におけるバリア機能や保水保持力は、主成分がセラミドです。

健やかな潤いある肌状態は、こうした細胞間脂質が全体の80%を占めているものです。

この理のうち18%は天然保湿因子であり、残り2%が皮脂です。

肌にセラミド成分が足りなくなれば感想を招きやすくなり、外側からのあらゆる刺激に対しても弱くなります。

内側へと入り込んだ異物は、内側から守るための免疫細胞に攻撃を受けることになります。

これが肌にあらわれる、赤みやかゆみ、皮膚炎といったアトピー症状へと発展します。

アトピーに必要となる保湿について

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

弱いアトピー肌を解消するためには、大きく2種類のケアを必要とします。

皮膚の表面を優しく保護して、外部からの異物侵入を防いだり、水分が蒸発するのを防ぐ保湿材は必要になります。

外からの異物が入り込むと、かゆみや炎症を起こすので、痒くて皮膚を掻いてしまいます。

そのダメージで、バリア機能はさらに低下していきます。

ですから、皮膚の表面を守ることで、皮脂膜と皮膚表面をバランスよくコーティングして、水分蒸発屋異物侵入を防ぐことになります。

皮膚に必要な水分を、安定的に保持する保湿剤も必要です。

外気の水分を吸着し、水分を上手に抱え込んで保持してくれるものを選ぶことです。

皮膚への刺激が少ない成分配合のタイプを選び、添加物も少ない商品を選択することも大切です。

アトピー肌の正しいスキンケア方法

とても敏感になっている状態ですから、優しい肌のお手入れが必要になります。

健康的な美しい素肌へと導くためには、水分や美容成分を毎日のお手入れで、十分に浸透させることが必要です。

皮膚の弱さがありますから、コットンで叩くケアは控えて、手でローションなどを温めて、顔全体に優しく手で浸透させましょう。

肌への保湿を十分に行うことで、肌のターンオーバーも正常化されていきます。

肌サイクルが活発化すれば、健康な新しい肌への生まれ変わりが順調になります。

使用する化粧品は、肌に優しい成分を選ぶのは基本です。

十分に肌へと水分を入れたら、その水分や美容成分を蒸発させないように、美容クリームなどを塗布します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • アレルライトハイパー

    • 日清食品グループ独自の研究成果で内側からケア
    • たった2粒に5,000億個の自然由来の乳酸菌配合
    • 季節や環境による不快な調子を爽快に!
    • 皮膚や粘膜の健康維持を助けるビオチン配合
    • 飲みやすい小粒で1日分わずか1.57kcal
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    リフレクト乳酸菌(T-21株)ビオチン

    詳細はこちら

  • アレルファイン・ゼロ

    • すこやか肌対策サプリメント人気No.1
    • 医師の95.8%が飲み続けたいと答えたサプリ
    • 試験済みサプリメント!公的機関で効果を実証済み
    • 皮膚科医・内科医・小児科医のコラボにより誕生
    • 初回のみ送料500円(税抜)のみ
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    乳酸菌K-2カプセルセラミド、ヒアルロン酸

    詳細はこちら

  • アレルナイトプラス

    • メディアで話題の乳酸菌配合美容サプリメント
    • 1本で植物性バチルス乳酸菌100mg含有(1,000億個)
    • キレイを育てる美容成分を15種類配合
    • 専門家と共同開発!安全性&信頼性重視の成分のみ
    • グレープフルーツ味で飲みやすい!
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    植物性バチルス乳酸菌顆粒ビオチン、ビタミンB群、ハーブ他

    詳細はこちら

関連記事