HOME > コラム > 年代別アトピーの原因と治療法~成人女性編~ > 頭皮の肌荒れトラブルになったら【シャンプーとその使い方を考えなおしてみよう!】

頭皮の肌荒れトラブルになったら【シャンプーとその使い方を考えなおしてみよう!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭の中が痒かったり、かぶれて体液が吹き出してそれがかさぶたになったり、フケが次々に出たり、髪の毛がごっそり抜けたりと、頭のトラブルはつきません。

パーマ液も昔よりはだんだん進化してきて、皮膚に優しくなってきているけれど、長く続けていると, やっぱり頭皮がおかしくなることがあります。
白髪がでてきたけれど、ヘアカラーでかぶれたりするし、消費者庁から気をつけるように通達が出たばかりです。

頭のトラブルは全部頭皮 

髪が傷んでくると、バサバサしてとても気になります。シャンプーも、髪にいいものが選ばれています。いい香りのするシャンプーも、髪がさらさらになるシャンプーも、シャンプーはもちろん髪を主体に考えています。でも、本当にそれでいいのでしょうか。

頭のなかのトラブルはおもに、頭皮がトラブルを起こしています
髪も、頭皮が健やかな状態であれば、健やかな状態になるのではないでしょうか。
シャンプーも、髪ではなく、一度頭皮を主体に考えてみるべきだと思います。

また、髪の毛を洗う時、その洗ったシャンプーやリンスが含まれた水が体のかなりの部分につきます。場合によってはそれも皮膚の刺激になると思います。
頭皮に刺激にならないシャンプーを選ぶことで上半身全体の皮膚症状がある程度良い状態を保てるようになる場合もあります。

髪の毛は洗い方も大事

すすぐ
髪の毛の洗い方に、間違っている部分もあるかもしれないと、考えたことはありませんか。
頭のなかの皮膚状態のトラブルを相談するサイトに、正しいシャンプーの仕方を見つけたことがあります。

まず最初に、お湯でしっかりと頭のなかをすすぎながら洗います。
汗やホコリは大部分は水で洗い流せます。
しっかり洗い流しておくことでその後シャンプーしてもとても良く泡立ち、きれいに洗うことができます。

そして、大切なのはしっかりとすすぐこと
その後リンスやコンディショナーを使う時も、やはりしっかりすすぐことが大切です。

シャンプーもリンスやコンディショナーも、頭皮に刺激になるので、残らないようしっかりすすぐことが一番のポイントです。体についた洗い水なども念入りに落としておきましょう。
  
頭皮にやさしいシャンプーを選び、それも残らないように気を使って洗い流すことで、頭の中のトラブルはかなり解消されるかと思います。私自身、やってみて、効果を実感しています。

高価かどうかではなく、髪よりもまず肌に優しいかどうかで一度シャンプーをえらび直してみて、洗い方も考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • アレルライトハイパー

    • 日清食品グループ独自の研究成果で内側からケア
    • たった2粒に5,000億個の自然由来の乳酸菌配合
    • 季節や環境による不快な調子を爽快に!
    • 皮膚や粘膜の健康維持を助けるビオチン配合
    • 飲みやすい小粒で1日分わずか1.57kcal
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    リフレクト乳酸菌(T-21株)ビオチン

    詳細はこちら

  • アレルファイン・ゼロ

    • すこやか肌対策サプリメント人気No.1
    • 医師の95.8%が飲み続けたいと答えたサプリ
    • 試験済みサプリメント!公的機関で効果を実証済み
    • 皮膚科医・内科医・小児科医のコラボにより誕生
    • 初回のみ送料500円(税抜)のみ
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    乳酸菌K-2カプセルセラミド、ヒアルロン酸

    詳細はこちら

  • アレルナイトプラス

    • メディアで話題の乳酸菌配合美容サプリメント
    • 1本で植物性バチルス乳酸菌100mg含有(1,000億個)
    • キレイを育てる美容成分を15種類配合
    • 専門家と共同開発!安全性&信頼性重視の成分のみ
    • グレープフルーツ味で飲みやすい!
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    植物性バチルス乳酸菌顆粒ビオチン、ビタミンB群、ハーブ他

    詳細はこちら

関連記事