HOME > コラム > アトピー性皮膚炎の基本情報 > どうして今?成人のアトピー性皮膚炎について

どうして今?成人のアトピー性皮膚炎について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一旦良くなったアトピー性皮膚炎が成人後に再発したり、子供の頃は大丈夫だったのに大人になってから、急に全身が痒くなり始めたり、と、成長するにつれ治ると限らないのがアトピー性皮膚炎です。ここでは、大人のアトピー性皮膚炎について、知っておきましょう。

子供のアトピーについて

昔は、「子供の頃に発症したアトピー性皮膚炎は思春期を通り過ぎ成人したら治る」と言われていました。これは、身体が成長するにつれて、皮膚のバリア機能も発達することによりアトピー性皮膚炎の症状が緩和するためと言われています。

しかし今は“成人してからアトピー性皮膚炎の症状が出たり”“一度落ち着いていた痒みが大人になるにつれて再発したり”と、一概にそうとは言えない状況になっています。

大人になるにつれて、乾燥肌になってきて、カサカサで痒みを伴うので皮膚科に行ったらアトピー性皮膚炎と診断され驚かれる人も実際には多く見られます。また、都会になるにつれて、アトピー性皮膚炎の患者さんが多くなり、現代病・都会病とも言われているのが現状です。

不規則な生活が原因?

大人のアトピー性皮膚炎の原因のひとつとして、不規則な生活が挙げられます。子供の頃は、栄養面を優先的に考えた食事や早寝早起きが基本の規則正しい生活を送っていました。しかし、成人するにつれ外食が多くなり、夕食がファーストフードになるなど食事が偏りがちになり、また夜更かしなどで生活のリズムも不規則になりがちです。睡眠不足もアトピー性皮膚炎の悪化の原因として取り上げられます。この偏った食事や生活リズムの乱れ、不規則・不摂生により、アトピー性皮膚炎が発症する要因とされています。

ストレスも原因に

アトピー性皮膚炎でも、原因のひとつとしてストレスが挙げられます。子供よりも、仕事や環境面の負担が大きい成人してからの方がストレスが多いとされているため、大人のアトピー性皮膚炎の原因として取り上げられる事が多くなっています。イライラやストレスが多くなるにつれてホルモンのバランスも崩れ、免疫力が低下して、アトピー性皮膚炎を更に悪化させてしまいます。また、上記にも記載の通り、睡眠不足もアトピー性皮膚炎の原因となるため、ストレスなどで不眠になった場合は更に肌の状態は悪化します。

まとめ

アトピー性皮膚炎はすぐに治るものではなく、長く付き合う病気です。症状が良くなったり悪化したりを繰り返す病気なので、生活習慣を見直しながら、焦ることなく治療を続けていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • アレルライトハイパー

    • 日清食品グループ独自の研究成果で内側からケア
    • たった2粒に5,000億個の自然由来の乳酸菌配合
    • 季節や環境による不快な調子を爽快に!
    • 皮膚や粘膜の健康維持を助けるビオチン配合
    • 飲みやすい小粒で1日分わずか1.57kcal
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    リフレクト乳酸菌(T-21株)ビオチン

    詳細はこちら

  • アレルファイン・ゼロ

    • すこやか肌対策サプリメント人気No.1
    • 医師の95.8%が飲み続けたいと答えたサプリ
    • 試験済みサプリメント!公的機関で効果を実証済み
    • 皮膚科医・内科医・小児科医のコラボにより誕生
    • 初回のみ送料500円(税抜)のみ
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    乳酸菌K-2カプセルセラミド、ヒアルロン酸

    詳細はこちら

  • アレルナイトプラス

    • メディアで話題の乳酸菌配合美容サプリメント
    • 1本で植物性バチルス乳酸菌100mg含有(1,000億個)
    • キレイを育てる美容成分を15種類配合
    • 専門家と共同開発!安全性&信頼性重視の成分のみ
    • グレープフルーツ味で飲みやすい!
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    植物性バチルス乳酸菌顆粒ビオチン、ビタミンB群、ハーブ他

    詳細はこちら

関連記事