HOME > コラム > 大人のアトピー 原因と改善方法 > 頭皮にできる湿疹の原因と対処法

頭皮にできる湿疹の原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭皮もトラブルが起きやすい部分ですが特に湿疹で悩んでいる人は多くなっています

そしてその原因により対策は違いがありますので、まずは原因をしっかり確認し、どのようなタイプであるかはよく理解しておきましょう。

間違った方法で対処してしまうと、さらに悪化してしまったり、改善できないこともありますので、正しいお手入れを心がけましょう

脂漏性皮膚炎を疑ってみる

頭皮湿疹のひとつに脂漏性皮膚炎と呼ばれる症状があります。

これは皮脂の分泌が多い顔や頭皮に起こりやすい症状で赤くなったり、かゆみが出たり、皮膚が剥がれてフケのように落ちるなどの症状が出てきます。

赤ちゃんにも多い症状で、この場合は自然に改善することも多いですが、大人の場合は何回も繰り返すことが多くなっています。

その原因はマラセチア菌で、もともとは常在菌ですが異常繁殖すると皮膚に炎症が起きやすくなってしまいます。

シャンプーのすすぎ残し、ホルモンバランスの乱れ、ビタミンBの不足などが原因となっておりステロイド外用や抗真菌薬などで菌の繁殖を抑えていきます。

接触性皮膚炎も考える

101120

頭皮湿疹ができてしまう原因に接触性皮膚炎もあげられます。

これはある物質に触れたときに刺激やかぶれを起こすもので、パーマ液、カラーリング剤などが合わない、シャンプー、トリートメント、育毛剤、スタイリング剤などにあわない成分が入っている場合もあります。

そして植物などに触れることで症状が出てしまうこともあります。

シャンプーなどが原因している場合は、より刺激の少ない商品に選び直してみるのも改善に役立ちます。

かゆみが強く出ている場合は抗ヒスタミン剤が役立ちますので、医療機関に相談してみましょう。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎も頭皮湿疹ができてしまうことがあります。

アトピーの場合は肌が敏感となっていますので、乾燥もしやすく、一般的なシャンプーでは刺激となってしまうことがありますので、できるだけ肌に優しいシャンプーを選びましょう。

アトピー対策の商品を選んでおくとより安心です。

頭皮が乾燥すると症状も悪化しやすいので、洗いすぎたり、熱すぎるお湯を使うことも避けたいところです。

そして、症状が強く出ているときはゴシゴシこすり過ぎないよう注意したいですし、乾燥が進んでいる場合はシャンプーを使わずお湯だけで洗うことも試してみましょう。

治療は飲み薬や塗り薬が役立ちますので皮膚科に相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • アレルライトハイパー

    • 日清食品グループ独自の研究成果で内側からケア
    • たった2粒に5,000億個の自然由来の乳酸菌配合
    • 季節や環境による不快な調子を爽快に!
    • 皮膚や粘膜の健康維持を助けるビオチン配合
    • 飲みやすい小粒で1日分わずか1.57kcal
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    リフレクト乳酸菌(T-21株)ビオチン

    詳細はこちら

  • アレルファイン・ゼロ

    • すこやか肌対策サプリメント人気No.1
    • 医師の95.8%が飲み続けたいと答えたサプリ
    • 試験済みサプリメント!公的機関で効果を実証済み
    • 皮膚科医・内科医・小児科医のコラボにより誕生
    • 初回のみ送料500円(税抜)のみ
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    乳酸菌K-2カプセルセラミド、ヒアルロン酸

    詳細はこちら

  • アレルナイトプラス

    • メディアで話題の乳酸菌配合美容サプリメント
    • 1本で植物性バチルス乳酸菌100mg含有(1,000億個)
    • キレイを育てる美容成分を15種類配合
    • 専門家と共同開発!安全性&信頼性重視の成分のみ
    • グレープフルーツ味で飲みやすい!
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    植物性バチルス乳酸菌顆粒ビオチン、ビタミンB群、ハーブ他

    詳細はこちら

関連記事