HOME > コラム > アトピー性皮膚炎のあるある情報 > 人間ドックの再検査。消化器科ではアレルギー体質は問題アリ?【その2】

人間ドックの再検査。消化器科ではアレルギー体質は問題アリ?【その2】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間ドックの再検査で、一番悪くて一番初めに検査を受けた消化器科では、血液検査の再検査と、肝臓のCTをとるよう指示されました。

造影剤にアレルギーを起こしてしまう人が多いために、「アレルギーはありますか?」と再三聞かれ、「あります」と答えるたびに医師が困ったような様子を見せて、アレルギーについて詳細に聞かれて戸惑いました。

何分初めての経験なので、緊張感のあまりがちがちになりながら、CTをとることになりました。

造影剤でアレルギーは起こさなかったものの

TVでしか見たことがないCTをとる機械に万歳した状態で乗せられ、どこからともなく聞こえてくる指示に従ってあっちを向いたり息を吸ったり留めたりした後。

「ではこれから造影剤を入れます。造影剤を入れると体全体が暑くなると皆さん言われますが、これは異常ではありません。」と繰り返し言われた後、「気分が悪くなったり異常があったときはすぐに声をかけてくださいね」とも繰り返し言われました。

てんぱっているので何とも答えられなかったのですが、あまりのリアクションのなさに心配になったのか、「大丈夫ですよね?!聞こえていますよね!?」と言われ、「てんぱっているのでよくわかりません」とも言えず、心細い声で「はい」とこたえるだけで精一杯でした。

言われた通り、しばらくすると体中がカーッと暑くなり、思わず「病院でおもらししてしまったのだろうか?」と考えたほど股間まで熱くなり、どぎまぎしているうちに「終了でーす」と明るく言われ、検査が終わりました。

「きれいにとれたので、ばっちりうつっていましたよー」と明るく言われ、何がばっちりうつっていたのか聞くのが怖かったので聞かないでおきました。
「アレルギーがある!」と医師二人が緊張したにもかかわらず、幸いにもアレルギーを起こさずにすみました。

造影剤の影響は?

検査の終了時に「明日、乳腺科の診察を受けるんですが、造影剤の影響はありますか?」と聞いたところ、「24時間で造影剤の影響は大体消えるけど、ばっちりうつりすぎるほど、はっきりと、よくうつるかもしれない」と言われました。

それがどう影響するのか私自身でも判断がつかないので、「医師に、造影剤を昨日投与してCTをとったと伝えて判断してもらいます」と言うと、「それが一番いいかもね」と言われました。

緊張はしたものの、造影剤の影響がなにもないまま、その後24時間以上時間が経過したので、ほっとしました。
アレルギー体質があっても、アトピーでも、造影剤にアレルギーを起こすとは限らなかったようです。

検査の結果を聞きに行くまでまだ間があるので、安心しきれはしませんが、人間ドックではまるで聞かれもしなかったアレルギー体質が、こんなところで大きな問題になったのは驚きでした。

その後受けた乳腺科と眼科は異常なしだったものの

消化器科に続いて受診した乳腺科では、乳がんではなく体液のたまった胞ができていて、これは自然に消えてがん化する心配がないと言われました。
続く眼科では、ギリギリだけど正常範囲なので半年後に再検査を受けるよう指示されましたが、これも異常なしで、残るは消化器科の検査結果のみとなりました。

肝臓がんも異常なしだといいなと思いつつ、そんなに世の中うまくいくかわからないし、それでも脂肪肝は残るから、長い闘病生活が待っているかもしれないと不安が隠しきれませんでした。

家族からは日々できる限り散歩するように再三言われ、がんばっているものの、どうなることやら、結果を聞くまでスッキリしません。
「なんともないといいのになあ」と言いつつも、「でも、その腹はなんとかしろよ」と苦言を呈するのを忘れないところが腹立たしくもあります。

今度は予定は間違えなかったが

二度にわたって病院に行く時間を間違えたので、今度は繰り返し確認してから準備していたのですが、山手線でしか自力で東京駅にいけないのに、頼りの山手線が事故で運転見合わせをしていることが直前に発覚。
ちょうど休みで家にいた次男が「おれが連れて行ってやるよ」と連れて行ってくれたので、ギリギリ時間に間に合うことができました。

行く前にすでにトラブルが発生したせいか、妙に落ち着いて検査結果を聞きに行けましたが、「検査技師も、肝臓がんはないと言っていますが、映像から見ても、肝臓がんはないと思います。」と言われ、太い血管ががんに見えたのではないかという話でした。

脂肪肝も脂肪が肝臓の周りにあるけれど、肝臓そのものの機能は落ちておらず、すい臓もしっかりしていて、皮下脂肪もあるもののそう多くないとのことです。

「中性脂肪が多いので、200を超えていないからまだいいのですが、お酢をたくさんとると中性脂肪が消えるので、お酢を積極的にとるようにしてください」と言われました。

「家族が運動不足だというので、確かに運動不足だったのでしっかり歩くようにしているのですが」というと、「継続的に運動することでもよい結果が得られているので、ぜひ運動も取り入れてください」といわれました。

肝臓もクリアで一安心

おかげさまで肝臓もクリアし、人間ドックの再検査行脚も全て異常なしで済んで、本当に良かったと思いました。

日ごろ息子のアトピーや喘息については目を光らせることはあるものの、自分のことはあと20年くらい生きられればそれでいいや、もっと短くても思い残すことはないし、と勝手に達観し放置していたので、これからはもう少し自分の健康管理にも気をつけたいと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • アレルライトハイパー

    • 日清食品グループ独自の研究成果で内側からケア
    • たった2粒に5,000億個の自然由来の乳酸菌配合
    • 季節や環境による不快な調子を爽快に!
    • 皮膚や粘膜の健康維持を助けるビオチン配合
    • 飲みやすい小粒で1日分わずか1.57kcal
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    リフレクト乳酸菌(T-21株)ビオチン

    詳細はこちら

  • アレルファイン・ゼロ

    • すこやか肌対策サプリメント人気No.1
    • 医師の95.8%が飲み続けたいと答えたサプリ
    • 試験済みサプリメント!公的機関で効果を実証済み
    • 皮膚科医・内科医・小児科医のコラボにより誕生
    • 初回のみ送料500円(税抜)のみ
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    乳酸菌K-2カプセルセラミド、ヒアルロン酸

    詳細はこちら

  • アレルナイトプラス

    • メディアで話題の乳酸菌配合美容サプリメント
    • 1本で植物性バチルス乳酸菌100mg含有(1,000億個)
    • キレイを育てる美容成分を15種類配合
    • 専門家と共同開発!安全性&信頼性重視の成分のみ
    • グレープフルーツ味で飲みやすい!
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    植物性バチルス乳酸菌顆粒ビオチン、ビタミンB群、ハーブ他

    詳細はこちら

関連記事