HOME > コラム > アトピー・湿疹のかゆみ改善方法 > アトピーからくる皮膚のかゆみ改善方法

アトピーからくる皮膚のかゆみ改善方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトピーはアトピー性皮膚炎のことであり、原因は不明ではありますが赤ちゃんから大人まで幅広い年代で発症してしまう皮膚炎のことを言います。

対処方法としては子供と大人では異なっており、子どもの場合は成長すると症状が落ち着いてくることも多いのですが大人になってからアトピーになってしまうと完治が難しく、症状が悪化しやすいと言われています。

そしてアトピーでもっとも厄介なところは皮膚のかゆみであり、我慢ができないかゆみに襲われた結果かきむしってしまい皮膚が傷だらけになってしまうということも少なくないようです。

 

皮膚のかゆみはどのように改善すれば?

ではアトピーからくる皮膚のかゆみはどのように改善すればいいのかというところですが、まずアトピーは全身に症状が出てくるため、人によってどこがかゆくなるのかと言うところは異なっています。

そして顔面や頭部にくるかゆみの原因は食生活の乱れ、そして体に来るかゆみの原因は乾燥と肌荒れからくるものだと言われています。

そのため頭部と体ではかゆみの改善方法や対処法方が異なっているため、その部位に応じた対処をしていく必要があります。

 

部位に応じた対処法を

CRI_IMG_6067_TP_V

頭部や顔面の場合はついついかきむしってしまいそうになりますが、そのような時は顔を洗ったり頭を洗うなどスキンケアを実施することがおすすめされています。

ただし無理に皮膚をかきむしるように洗ったりこすってしまうと逆効果になるため、ぬるま湯刺激の少ないものを使用して洗うことがおすすめです。

洗った後は化粧水や乳液を塗るなど肌を保護するとかゆみの再発を防ぐことができますし、かゆみ自体も改善することができます。

そして体の場合は頭部や顔面のようにぬるま湯で洗うことも効果がありますが、外出時など空気が乾燥しているところにいるときに起きることが多い傾向があります。

そのため体のかゆみが出てしまった場合は保湿剤や乳液を塗ると言うことがポイントです。

また、着用する服も刺激が少ないものを利用することでかゆみの発生を防ぐことができますし、できる限り乾燥しているところに行かないようにすると言うことも必要になっています。

それでも改善しない場合は自力での改善は難しくなっていると言うことなので、医療機関を受診して薬をもらうなどの対処が必要です。

それでもスキンケアなど自己管理を気をつけておくことによって全身のかゆみをある程度抑えることは可能であるため、薬をもらっていても対策を継続することは必要となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • アレルライトハイパー

    • 日清食品グループ独自の研究成果で内側からケア
    • たった2粒に5,000億個の自然由来の乳酸菌配合
    • 季節や環境による不快な調子を爽快に!
    • 皮膚や粘膜の健康維持を助けるビオチン配合
    • 飲みやすい小粒で1日分わずか1.57kcal
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    リフレクト乳酸菌(T-21株)ビオチン

    詳細はこちら

  • アレルファイン・ゼロ

    • すこやか肌対策サプリメント人気No.1
    • 医師の95.8%が飲み続けたいと答えたサプリ
    • 試験済みサプリメント!公的機関で効果を実証済み
    • 皮膚科医・内科医・小児科医のコラボにより誕生
    • 初回のみ送料500円(税抜)のみ
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    乳酸菌K-2カプセルセラミド、ヒアルロン酸

    詳細はこちら

  • アレルナイトプラス

    • メディアで話題の乳酸菌配合美容サプリメント
    • 1本で植物性バチルス乳酸菌100mg含有(1,000億個)
    • キレイを育てる美容成分を15種類配合
    • 専門家と共同開発!安全性&信頼性重視の成分のみ
    • グレープフルーツ味で飲みやすい!
    乳酸菌の種類商品形状その他成分
    植物性バチルス乳酸菌顆粒ビオチン、ビタミンB群、ハーブ他

    詳細はこちら

関連記事